こんなに早くイク気はない…でもコントロール出来ないのは早漏だから?

どうしてこんなに早くイってしまうのだろうか?まだまだヤル気はあるのに…。って思っていませんか?もっともっと相手を喜ばしたいのに入れたらすぐにイってしまう自分が情けなくなってしまってるあなた。コントロール出来ずに早漏を悩んでいるのだったらまずは治療薬を試してみませんか?

*

早漏の原因は病気?早漏になってしまう可能性のある病気

      2016/09/19

日常生活を送るにあたって、早漏に悩んでいるという人はたくさんいます。

まず、早漏になるという事は原因があると考えられますが、その可能性としてあげられる病気はいくつかあります。

泌尿器関連が原因になる

その1つとして、前立腺肥大が挙げられます。

前立腺肥大になりますと、前立腺の周囲に影響をもたらしますので、早漏になる場合があります。そして、前立腺肥大が慢性的に持続する事によって、尿道炎を引き起こす事がありますが、この尿道炎という病気も原因として考えられています。

前立腺肥大も尿道炎も、どちらも尿道にたいして刺激になりますので、結果として体に良くない影響を及ぼしている可能性があるわけです。

さらには、尿道炎の症状が悪化しますと、尿道感染症になる場合もあります。

尿道感染症になりますと、さらに尿道の神経系が刺激されますから、この病気が早漏の原因となっている事は確かです。いずれにしましても、尿道の周囲の神経系を刺激するという事が良くないわけですから、神経系を刺激する病気になる事を避ける事が大切だと言えますが、そのためにはアルコールなどを控えるという事も重要になってきます。

神経関連が原因になる

ほかにも可能性のある病気がありますが、糖尿病もその1つです。

糖尿病の場合、血糖値が正常よりも高くなってしまうわけですが、このような血糖値の上昇が原因になっている可能性も考えられるわけです。交換神経が優位になってしまうと射精が早まり、副交感神経が優位になると射精が遅くなります。神経系が乱れることが原因と言われています。

また、神経系が乱れる事の中にはアルコール中毒症も含まれますので、早漏にはかなり影響される事となります。

影響する事を見直す

アルコール中毒症の患者の場合、日常的にアルコールを飲む習慣から、腎臓に過度の負担がかかっている事がわかっています。

腎臓に負担がかかるという事は、それだけ尿道を酷使するわけですから、尿道炎や尿道感染症にかかる割合が高くなるわけです。つまり、日々の生活習慣から尿道感染症になってしまう事もありますので、アルコール中毒症を自覚している人はアルコールの摂取を控える事をおすすめします。

このように、尿道の神経系に影響を及ぼすものとして挙げられますのが、前立腺肥大や尿道感染症だと言えますが、生活習慣病のひとつであるアルコール中毒症に関しましても、体に多大な影響を与えているという事がわかります。

ですから、糖尿病やアルコール中毒症の人は日々の生活の見直しをする事によって、尿道に対する影響をやわらげる必要があるということは確かです。