こんなに早くイク気はない…でもコントロール出来ないのは早漏だから?

どうしてこんなに早くイってしまうのだろうか?まだまだヤル気はあるのに…。って思っていませんか?もっともっと相手を喜ばしたいのに入れたらすぐにイってしまう自分が情けなくなってしまってるあなた。コントロール出来ずに早漏を悩んでいるのだったらまずは治療薬を試してみませんか?

*

服用タイプの早漏治療薬「プリリジー」はどんな薬なのか?効果を知りたい

プリリジーは早漏で悩んでいる人が服用するだけで早漏を改善する早漏治療薬です。

早漏治療薬の中には、麻酔作用によって陰茎への刺激を抑制させる事で早漏を改善するタイプの薬が多いですが、プリリジーにはどんな効果があるのでしょうか。

興奮状態になるのが早いと射精も早い

勃起と射精には自律神経の中の交感神経と副交感神経が深い関わりを持っています。

早漏の人は緊張している時や昼間活発に動く性質のある交感神経が、セックスの際での緊張や射精時間が短いことがプレッシャーとなります。そしてプレッシャー等が優位になる事で脳内のノルアドレナリンが大量に放出され、脳が興奮状態になってしまう事から刺激となり通常の時間よりも早く射精してしまうとされています。

プリリジーの主成分はダポキセチン

プリリジーは、ダポキセチンという主成分から出来ている薬でSSRI、つまりセロトニン再取り込み阻害薬に分類されており、世界で初の服用する事で早漏を治療するための薬として販売されるようになりました。

早漏の人というのはセロトニン不足の人が多く、ノルアドレナリンが過剰分泌することで射精が早まってしまうため、セロトニンはシナプスに再吸収されることを阻害することでノルアドレナリンの分泌を抑制しセロトニンの量を増やす事で濃度を高め交感神経が優位になるのを妨げるようにするのです。

また服用タイプなので全身に作用することが考えられますが、短時間作用型の阻害薬であるため副作用が非常に少なく、安全性が高い事がメリットと言えます。

今までの3~4倍ほど射精時間が延びる

内服すると今までの射精時間に比べて3~4倍は射精時間が延長出来るので、女性を満足させる自信もつき、パートナーとの関係をより良好にする事も期待出来るとされています。

ただ、だからと言って全く副作用がないというわけではなく、個人差がありますが稀にめまいや下痢、睡眠障害や倦怠感などが出ることもありますので、体に異変を感じたら服用を中止するのが良いでしょう。

加えて、重度の虚血性心疾患や心臓弁膜症、抗うつ剤を内服している人、持病としててんかん発作を起こすことのある人は使用出来ないことになっています。

他のSSRIに比べても効果は高く射精時間が延長出来るという点で女性とのセックスにおいても自信が持てる人も多いとされています。

基本的に医療機関で処方されるもので保険適用が出来ませんが、非常に高い早漏改善効果が期待出来ますので、女性とのセックスに自信を持ちたい人や今度こそ本気で早漏を改善したい人は一度プリリジーの服用を試してみて、その効果の高さを実感してみてはいかがでしょうか。

公開日: